toggle

うい助産院について

どんな助産院にしたいかを考える中で、浮かんだ言葉が初産 。

「はじめて」を大事にしよういう気持ちもあって、この言葉を使いたいと思いました。

加えて、私が大事にしている、お母さんたちの話をきちんと聞く【oui – YES -】 というスタンスや、お母さんのからだとこころを整える出産や子育ての伴走役として隣にいることを意味する【we – 私たち – 】の音を重ねています。

いつでも何度でも気軽に立ち寄ってもらえたらうれしいです。

 

 

メッセージ

それぞれに違ってあたりまえ。

赤ちゃんを授かることは、人生において大きなイベントです。

嬉しいけど、緊張だってします。

そんな、からだとこころに生まれた「変化」を素直に受け入れられたら、

どんなに前向きにその時を迎えられるだろう。

それを助けてくれるパートナーがいたらどんなに心強いだろう。

助産師になってたくさんのお母さんと赤ちゃんに出会う中で、そう強く感じるようになりました。

はじめてはもちろん、ふたたびの出産にも安心して向き合えるように。

一人ひとりが思い描く、赤ちゃんや家族との時間をつくっていけるように。

この場所で、じっくり、丁寧にサポートしていきたいと思います。

 

 

三浦由香里

山形県寒河江市生まれ。学生時代、産科病棟での実習が一番楽しく印象に残り、2000年より看護師として
大学病院産科病棟勤務。看護師として働く中で、一人一人ちがうお産、陣痛を乗り越えて生み出す母親の強さ、力強い泣き声で生まれてくる赤ちゃんの生命力に惹かれ助産師を目指し、2003年に助産師免許取得。

その後、助産師として大学病院、総合病院で勤務。2017年に島根県浜田市にIターン。浜田医療センター、浜田市役所、クリニックに勤務し、お産のこと、授乳のこと、育児のことなど様々な方面から経験。この地域に住む家族と生まれてくる赤ちゃんが主役になりじぶん達を信じで産み、育てるお手伝いをしたいと思いうい助産院を始める。

資格:助産師・看護師・アドバンス助産師・NCPR(新生児蘇生法)Aコース取得・マザーズハートカウンセラー BASIC