toggle
2021-12-06

助産師とつながろう

あっという間に今年も師走。。
年々、時が過ぎるのがとても早く感じます。
助産院を再開してから、たくさんのお母さんが助産院のことを知ってくださり、妊娠前相談や産後ケアを受けてくださいました。
最近は、ベビーマッサージの会も開催せていただき、私の方も楽しませていただいています。
こんな風にうい助産院に興味を持ってくださってありがたい限りです✨

そんな中、昨日はGO▶︎つくる大学で講座をさせていただきました。
「助産師とつながろう〜信頼できる人にゆだねる〜」

このお題をいただき講座をさせていただきました。
助産師に興味のある高校生から、子育て中のお母さん、私より人生の先輩まで幅広い年代のかたが参加してくださいました☺️

助産師は主に妊娠してから出会う人。
そのように感じている方が多いと思います。

進純郎、岡本貴代子さんの著書「助産力」という本には
「助産師の仕事は、子どもの心を健全に育てること、楽しい家庭を作るお手伝いをすることである」と書いてあります。

その通り、生まれた時から子どもを送り出し死にゆくまで、女性の一生に携われる仕事です。

0歳から学生時代は性教育、結婚して、妊娠、出産子育てのサポート時代、子どもが自立してからは更年期のサポートなど行います。

今回の講座は、そういった助産師を知ってもらおう、女性の一生に寄り添える仕事としてつながろうと企画してくださいました!

実際、講座の参加理由も
・更年期かもしれないから話をしたい
・自分の育児の拠り所がどういうところなのか知りたい
・助産師に興味がある
などお話ししてくださいました。
中には、私の前髪に惹かれて✨と言ってくださった方も!!笑
どんな理由であれ、助産師に興味を持ってくださったことをとても嬉しく思いました☺️

ざっくばらんに、いろんなお話をさせていただきました。
安心安全の場でお話をしていただいたので詳しい内容は差し控えさせていただきますが、

「こういう時の心の揺らぎにはどう付き合ったら良い?」
「頼りたくても頼れなかった。頼る場所がなかった。」

などのお言葉をいただき、私も気持ちのうちを話させていただきました。

中には、
「由香里さんはお母さんの心の拠り所になっているけど、由香里さんが拠り所にできるところはありますか?
由香里さんには元気でいて欲しいので心配です。」
と私のことを気遣ってくれる言葉も😭
思っていただいているということがとても嬉しく、なんだかホッとした気持ちになりました。

私は、自分のことがあまり好きではありません。
人前で話すのも得意ではないし、文章を考えるのも得意ではありません。
気持ちもグラグラに揺らぐし、誰かに聞いてもらいたくても自分の気持ちを表に出すことが怖いと思う時がしょっちゅうです。

この裏側には
人に嫌われたくない。
人と一緒の方が安心。

そんな気持ちがあるんだと思います。
でも、こう思ってくれる人がいること、味方になってくれる人がいると知るだけで、少し自分を出してみようかなという気持ちになります。
きっと、自分を出して受け入れることで、自分を愛おしく思える第一歩につながると信じて。

お母さんたちは、お子さんのことを第一に考えて、自分の気持ちに蓋をしてしまうことが多いと思います。
そんな時は、是非助産院に遊びに来てください☺️

私も修行中です。
一緒に自分の素直な気持ちを出してみませんか?

そのような場所であり続けられたらと、強く思った1日でした。

今回、このような機会をくださったつくるマスターの森春奈さん(GO▶︎つくる大学事務局/めばえの森代表)ありがとうございました☺️

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です